DAITO KASEI

喜び、感動、そして驚きを提供できるリーディングカンパニーを目指して

COMPANY

会社概要

商号 大東化成工業株式会社
本社住所 大阪市旭区赤川1丁目6番28号
設立 1950年2月1日
資本金 5000万円
役員 代表取締役社長 脇 祥哲
常務取締役   田中 巧
取締役     永峯 千里
非常勤監査役  高松 寿太
従業員数 200名
所属団体 大阪商工会議所、大阪府工業会、日本化粧品技術者会、東京・近畿化粧品工業会、
近畿化粧品原料協会、色材協会、日本顔料協会 等
事業団体 化成品部門、樹脂部門、インキ部門

沿革

前身 Forerunner
1930年 淀川顔料製造所として、染色レーキ・アゾレーキの生産開始。
戦時中は定刻顔料工業として14社の企業統合の形態で運営。
1945年 戦後、大洋化成工業・淀川工場として事業継続。
第1世代 First-generation
有機・無機顔料の製造
1950年 資本金135万円を似って前身の大洋化成工業淀川工場を継承し新たに大東化成工業を設け、従来の有機・無機顔料の製造を始める。(大阪市旭区、大阪工場)
初代社長 福本泰二郎
第2世代  Second-generation
特殊グラビアインキの開発
1952年 顔料の加工部門として特殊グラビアインキの開発に成功。関西でいち早く、製造を開始。
1956年 資本金700万円に増資。
1961年 東大阪にインキ製造拠点として東大阪工場を設置。
1963年 資本金1000万円に増資。
第3世代 Third-generation
合成樹脂加工(マスターバッチ・着色)へ主力
1964年 二代目社長に 脇 幹夫就任
1965年 合成樹脂加工製造拠点として大阪・吹田工場を設置しポリカーボネイト、 ポリエステル樹脂等の着色加工、マスターバッチの生産を開始。
1969年 愛媛県川之江市にインキ専門工場として四国工場を設置。
1972年 資本金3000万円に増資。
1977年 大阪市旭区に本社社屋竣工。同時に研究開発室の充実を図る。
1981年 岡山県備前市に合成樹脂加工・着色工場として岡山工場を設置。
1984年 大阪市中小企業投資育成の投資を受け、資本金5,000万円に増資。
1985年 創立35周年。合成樹脂マスターバッチの需要拡大に伴い、岡山工場を設置。
1988年 東京営業所を開設。
1988年 合成樹脂加工岡山工場本館設置により、吹田工場閉鎖。
第4世代  Fourth-generation
化粧品用顔料・粉体加工に特化
1990年 創立40周年を迎え、本社兼大阪工場社屋竣工。化成品用表面処理パウダーの本格生産を開始。
1992年 岡山県備前市に岡山化成品第1工場を設置。
1994年 18th国際化粧品技術者会-IFSCCベニス大会で初めての論文発表。
1996年 岡山樹脂加工工場の整備増強を図る。
1997年 岡山化成品第2工場を設置。
1998年 自社開発原料の効果・応用検討を目的とする「処方開発グループ」を新設。
2000年 創立50周年記念式典を行う。
2001年 岡山工場化成品倉庫を設置する。
2002年 四国工場営業を終了し、インキ事業は東大阪工場に集約。
2004年 福井市・テクノポート福井に福井第1工場を化成品製造部門として稼働させ、岡山・福井の2大拠点による生産開始(自然災害等リスク回避)。
2006年 福井化成品第2工場設置。
2007年 新潟工場発足・セリガード(酸化セリウム)事業開始。
2008年 世界最小サイズのショットメディア ダイトブラスト#400(0.4mm×0.4mm)販売開始。化成品・樹脂・インキ共同での分散体事業強化を図る。
2009年 サクラン(水前寺のり抽出物)の生産技術検討を開始。
第5世代 Fifth-generation
海外拠点展開
2010年 三代目社長に脇 祥哲が就任。創立60周年記念式典を行う。
フランス・パリ郊外(北部)にDAITO KASEI EUROPE SAS 設立。
2012年 大東化成(上海)化粧品科技有限公司 (DAITO KASEI CHINA) 設立。
2013年 GMP準拠の品質確立を目指し、ISO9001取得の準備を開始。
DAITO KASEI CHINAにて、一般納税資格(GTP)取得に伴い、中国市場での本格的営業活動を開始。
2014年 ISO 9001認証を取得。 認証範囲:岡山化成品工場、福井工場、営業部化成品部門、総務部、製造開発グループ、クオリティエバリュエーショングループ)
2015年 大東化成グループ初の海外製造拠点-DAITO KASEI INDUSTRIES FRANCEが製造を開始。
2016年 福井工場倉庫新設(化粧品GMP準拠)。

前身

第1世代有機・無機顔料の製造

第2世代特殊グラビアインキの開発

第3世代合成樹脂加工(マスターバッチ・着色)へ主力

第4世代化粧品用顔料・粉体加工に特化

第5世代海外拠点展開